FC2ブログ

子育て中でも自宅で稼ぐ!安心・健全在宅ワークで月5万円の副収入

健全な在宅ワークのみで年間100万円以上稼ぐ主婦が様々な自宅で稼ぐ術を紹介します

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在宅ワークを探している方からのよくある質問・相談

仕事柄在宅ワークについての相談や質問を受けることが多くあるのですが、今日はよくご相談を受けることをまとめてみたいと思います。

まずダントツに多いのが「月額○万円以上稼ぐことができる仕事はありますか?」というような月収に関すること。

これがまた無謀な目標金額を掲げている方がやたら多くてびっくりします。

例えば1日3時間しか確保できないのに月収20万欲しいとか、しっかり計算しなくても無理なことがわかりきっている相談、結構あるんです。


無謀であることはわかりきっていますが今日はあえて計算してみましょう。

1日3時間では週6日働いても月に72時間しか労働時間がありません。
これで月収20万に到達させようと思ったら、

時給換算で2777円

で働かなくてはならないのです。

ざっくりですがフルタイム勤務の年収500万の人が時給換算すると大体2500円位なんです。(ボーナスとか保険とか余計なこと考えないで額面だけでの話で。)

職種や会社規模にもよりますが、年収500万となると主任、係長、チーフあたりの肩書きがついていておかしくないでしょう。

コネや実績を持っていたり手に職ついてるようなお仕事の方だと全然話が違ってきますが、これといったスキルのない主婦が、子供を見ながら空き時間に〜、なんて考え方・働き方で稼ぎ出せる金額でないことは明白ですよね。

主婦が自宅で簡単に時給2700円超なんて金額を稼ぎ出せるのなら誰も会社勤めなんてしていませんし、最低時給ってなんだよ!って暴動が起こっちゃいます。

※18禁な仕事の場合は稼げることもあるかもしれませんが、私の理念は「安心・安全・健全な在宅ワーク」ですので、真っ当に働いて対価を得る方法以外をご紹介していません。(株やFX等の不労収入もしかり。)


誤解のないように書いておきますが、「子供を見ながら空き時間に」という考え方・働き方が問題なのではありませんよ。
むしろ「子供を見ながら空き時間に」ができるのは素晴らしいことですし、それが在宅ワークの最大の利点です。そもそもこのブログ自体もその働き方を広めるためにやっていると言っても過言ではない位です。


じゃ、どこが問題かと言うと、簡単に言うと

時間とお金の計算感覚が皆無なところ

ですかね。


仮にも働いて収入を得ようと考えている人のはずなのに、お金と時間について考えなしで始めるつもりだったの??そんな行き当たりバッタリで大丈夫??

みたいな。


大体の方は「この作業時間でこの月収を達成させるには時給換算でこんなに稼がないといけないんですが?」ということを説明すると目標金額を大幅に下げてきます。

素直といえば聞こえはいいですが、在宅ワークって「個人事業」な場合が多いので、経営的なセンスが必要な場面が多々有ります。スタート前の目標設定の時点でそこまで見積もりができない状態の人だとちゃんと「仕事」ができるのかと不安を覚えますね。


これから在宅ワークを始めようとお考えの方はまず最初に本当にその目標金額が可能かどうか、を自分なりに計算してみてほしいと思います。

なお、数年前に書いた記事ですが下記の記事↓でも関連する内容が書いて有ります。
在宅ワークを始める前にしてほしいこと
お時間のある方はぜひこちらの記事も併せて読んでみてください。



次に多いご相談が扶養に関することです。

最近は主婦の方でもIllustratorやPhotoshopが使えます、とかWebデザインできます、出産前は経理課でした、みたいな手に職がついている方も増えてきています。

こういった方は「スキル活かせる在宅ワークありますか?」「どこで仕事探せばいいですか?」といった質問が本題であることがほとんどなのですが、ついでに月収の話もつついてみると「月収10万円」を目標にしている方がかなり多いです。

月収10万というのは初心者の方からすると遠い世界のように感じる数字なのですが、手に職がある方にとっては結構早い段階で実現可能な数字なんです。

でもこの10万円という数字、ちょっと注意しないといけない数字でして。

正確に言うとポイントになるのは「10万8千円」なので、月額固定で毎月10万きっかりなんてお仕事であるなら問題ないです。

しかし在宅ワークの大半が成果報酬型の業務委託という形式でのお仕事になるので収入に波があることが多く、今月は8万だけど来月は13万、みたいなことがかなりの確率で起こってきます。

それの何が問題かと言うと、ズバリ、社会保険の扶養範囲…俗に言う130万の壁ってやつです。

私に相談・質問をしてくるのは大半が旦那様の扶養に入っている主婦(ママ)の方です。
そうなるとこのやはりこの130万(月額10万8千円)という数字がかなりかなり重要になって来るのですが、この数字自体は知っていても内容までしっかり把握している方はほぼいないです。(…偉そうに書いていますが、実を言うと私自身も在宅ワークを始めるまで把握していなかったんですけどね^^;)

130万の壁について触れている別記事もありますが、もう一度おさらいしますと、社会保険の扶養範囲は会社ごとに違います

扶養に入っていられる範囲というのは「売上ベースの年収が130万以下」としている会社、「経費実費を差し引いた所得が130万以下」としている会社、「所得ベースだけど経費として認められる物が限定されている」会社、「○ヶ月連続で10万8千円を超過した時点」で外れると定めている会社、などなど会社ごとに本当にバラバラなんです。

なので「目標10万円」と定める場合は旦那様がどんな社会保険に加入しているかを事前に確認し、併せて「扶養を外れないように」という条件を守る為には仕事スタイルが適しているのかをしっかり考える必要があります。

なお、もしも「扶養を外れて働く」という選択肢をする場合、年収180〜200万(月収15万以上)を最低ラインとして目指すことになります。

130万をちょっと超えた程度では年金や健康保険料を支払ったら働き損が出る(扶養範囲内で働いている時より手取りが減る)逆転現象が起こります。
手取りが下回らないラインは150〜160万あたりというのが定説なのですが、ボーダーラインを「超えただけ」では手取り額自体はそう変化していませんから、しっかり「収入が増えた」と感じる為には月収15万以上を目標にする必要がある、というわけです。

月収10万を目標にしていた人が15万にするって単純に1.5倍働かないといけないわけで、ほとんどの人はいきなりそんなに増やせないですよね。
「子供が大きくなったから仕事を倍増させたい」などという状況なのであればともかく、子供との時間を確保したくて在宅ワークを始めたい、という話だったはずの方がそんなに仕事の時間を増やしてしまったら本末転倒になってしまいます。

なので私は基本的には扶養範囲内での働き方をおすすめしています。





おっと、気付いたらずいぶん長く書いていましたね。

久々のブログで書くのも少々疲れたので、今回はここで終わりにしたいと思います。

ではでは、また…


↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

スポンサーサイト

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

在宅求人応募時にチェックすべき点

手首の調子も大分戻ってきて、月末の忙しい期間も脱することができたので今日は久々にじっくりブログ更新!

今日のお題は「求人応募時にチェックすべき点」についてです。

では早速。


①単価は相場からかけ離れていないか
初心者の方は相場通りの値段設定なのかどうか自分で判断できないことも多いと思います。
しかし、同じような内容の求人を探して比較したり、経験者の方に聞いてみたりして必ずチェックした方が良いです。
単価は高すぎても安すぎてもダメなんです。

簡単な仕事なのに単価が高い場合は悪徳な会社である可能性が高く、不安が付きまといます。

逆に単価が相場より安い案件を発注している会社もブラックです。
相場より安いとわかっていながら発注を出している会社は当然ながら、相場を知らずに安く発注している無知な発注者の案件は余計な苦労を伴うことが多く、価格以上に過酷な条件のお仕事になるでしょう。

駆け出しの頃は比較的単価の低い案件で経験を積ませてもらう必要はありますが、それにしても限度がありますし、「これは(経験を得る為だけの)安い案件だ」と理解・納得して応募するのと相場を知らずに漠然と応募するのとでは意味合いが全く変わってきます。

必ず相場を確認し、納得した上で応募するようにしましょう。



②仕事内容に違法性はないか
たまに堂々と違法な内容で掲載してある求人情報があります。
一番わかりやすい例では「他サイトからの転載」系の案件。
ネットで検索して画像を探してくるとか、情報を転記するとか、堂々と書かれているので一見問題なさそうに見えるのですが、完全に著作権違反ですから絶対に手を出さないように。

ただし、商品の仕入れ元メーカーサイトから転載する場合など、メーカー側(情報元)が許可をしている場合であればOKです。

でも「検索して」となっている案件は基本的にNGだと考えた方が良いですね。
また、最近は海外からの輸入系も多く、サイト規約も読まずに勝手に転載するよう指示をしているような適当な会社もあるので、少なくとも転載系案件については必ず「著作権とか大丈夫なんですか?」と一言確認をとりましょう。

ちなみに違法な転載を指示している会社には「バレなければ大丈夫」「みんなやってる」と開き直る系と「そもそも違法性を理解していない」無知系がありますが、いずれにしても関わらない方が無難です。

著作権違反は確かに現状殆ど取り締まられてはいません。
だからと言ってそれが=やっていいとなるわけでもないですし、万が一バレた時を思うとリスクが高すぎます。

依頼者(発注元のクライアント)が本当に悪い人だと「在宅ワーカーが勝手にやったことだ」として逃げようとします。最悪、罪を全部被せられて損害賠償とか払わされる危険すらありますので、どうしても転載案件をやることになってしまった場合は最低限、きちんと後に残る形(メール等)でこちらは確認を取りましたが、指示を受けて転載しましたという主張ができる証拠を残しておきましょう。
もちろんそういった案件を避けることができるのであれば避けておいた方が尚良いですね。

※「無断転載」が違法なだけなので、同じ検索系であっても市場価格等の調査報告案件(リサーチ系案件)などは違法ではありません。



③支払い方法について
ワーカー側が毎月請求書を出して月払いとしている会社もあれば、◯件できた時点で納品→その都度払いとしているような会社もあります。
応募先がどのような支払い形態なのかは必ず確認を取りましょう。

その際、消費税は内税か外税か、振込手数料はどちらが負担するのか、源泉徴収はあるのか(一部職種のみ)なども一緒に確認すると良いです。

なお、私が色々な会社とお仕事してきた経験からしますと、消費税別で振込手数料も負担してくれる会社は優良企業率が非常に高いです。
もちろん内税で振込手数料天引きとしている会社が全部ダメという話ではないですよ。内税だけど振込手数料だけは負担してくれる会社とか、本当に会社ごとに決まりは色々なんです。
でもそれがきちんと「決まっているかどうか」「経費管理がしっかりされている会社かどうか」がポイント。

適当な会社は本当に適当ですし、初めて在宅ワーカーに発注する会社などもあるので、ワーカー側に消費税とか振込手数料の負担とか聞かれて決めてなかったと焦るような会社もあるのです。


もしそういう部分を考える・確認するのが面倒だということであればクラウドソーシングサイトを利用するのもアリですね。
システム手数料などが差し引かれてしまいますが、その分金銭面のトラブルの可能性はとても低くなるので初心者の方はまずはこういったサイト経由のお仕事からスタートされた方が安心感があると思います。




クラウドソーシング「ランサーズ」






とりあえず、この3点だけは絶対に押さえた上で求人情報を確認しましょう。
求人情報はとても限られた情報しか掲載されていませんが、ポイントを押さえて情報を読み解く癖をつけていくとと段々少ない情報の中からでも悪い案件の判別ができるようになってきますよ!

それでは今日はここまで。


↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

在宅ワーク初心者が揃えておくべき物

以前在宅ワークを始める前にしてほしいことという記事を書いた時は心構え的な部分のお話でしたが、今回は機材とか実質的な部分での準備編です。


●パソコン
お仕事で利用する場合、セキュリティとバックアップ環境を確実に整えておきましょう。
アップデートは常に最新の状態にしておき、間違ってもサポートが終了しているOS(今で言えばXPとか)のまま使う…なんていうことのないように。
バックアップ用には必ず外付けHDDを用意し、そこからの復元方法なども勉強しておきましょう。


[リカバリディスクを作成する]
昔はPCを買えばリカバリ用のディスクも付属してきたものですが、最近のプリインストールPC(OSが最初からインストールされた状態で購入したPC)の場合、自分でリカバリディスクを作成しないといけません。
ですのでPCを購入したらまずはリカバリディスクの作成をすることをおすすめします。
(リカバリディスクがないのとトラブルが発生した時に対処不可能となる場合があります。)
もしずっと使っているけどそんなディスク作ったことないよ!という方がいれば是非今すぐ作成を。

※正確に言うと最近のPCは「リカバリディスク」という形ではなく、HDDにリカバリ領域が用意されている状態です。通常であればわざわざリカバリディスクを作成せずともこの領域から修復できるのですが、HDDに物理的問題が発生した場合にはこの領域自体が使えなくなる可能性があるので、本体とは別の媒体で修復できる道を残しておいた方が良いのです。
なお「システムイメージバックアップ」という形であればOSだけでなくインストールしたソフトなども復元可能ですので、通常使う設定にした状態でシステムイメージバックアップをとっておくといいですね。


[マウスやキーボードなどの周辺機器]

ノートパソコンであればキーボードは不要ですが、最低でもマウスは用意する必要がありますね。
付属品のマウスしか使っていないのであれば是非マウスだけは別に用意してください。

なぜかというと、マウスの使いやすさ次第で作業効率も違いますし疲労度も全然変わってきますから、そこはこだわって選んだ方が良いのです。


ちなみに我が家ではマウスは無線、キーボードは有線を使っています。
キーボードも一時期無線にしたのですが、キーボードは固定で動かすこともないので無線である必要性をあまり感じなかった事と電池交換/管理とかが煩わしかったりしたので有線に戻しました。

その点マウスはもう有線には戻れないかも。
そしてチルトホイール!ホイールを左右に動かして横スクロールができる、という機能ですね。
慣れもあるんですけど、これの有無で入力系案件の作業効率が全然違います。

あとはクリック以外にもボタンがあると任意で割当とかできるので、自分の仕事に合わせてカスタマイズができて便利です。

マウスの方式もお好みではありますが今から買うならBlueLEDかレーザーあたりがよいかと思います。
私は今BlueLEDタイプをマウスパットなしで木目の机に直置きで使っていますが、それまで使っていた光学式とは雲泥の差で使いやすいです。
BlueLEDやレーザーも出始めは高かったですが今はかなり安いものもたくさんあるので、脱光学式をおすすめします。


ついでに言うと、周辺機器に関しては予備まで用意してあると安心です。
周辺機器はある日突然動かなくなる…ということが比較的よくあります。
キーボードの説特定のキーが利かなくなるとかね。

我が家のキーボードも何度か壊れ、今使っているのは4代目。
もう10年以上前に発売されたキーボードなんですが、慣れきってしまっているのでそれ以外だとどうもしっくりこなくて、ずっと壊れる度に予備を追加して絶対にストックを切らさないようにしています。
最近はオークションなどにも程度のいいのが出回ることが減ってきているので、いつストックがなくなるかとハラハラです><
もちろんキーボードにこだわりがないのであれば壊れたその足で電気屋に走ってもいいと思いますが、例えば夜作業していて、翌朝までに仕上げなくてはいけない時に壊れた…なんて事態が来ないとは言い切れませんよね。
キーボードが壊れるとかホント大ダメージです。超応急的にはパソコンの画面上にキーボードを表示させて使う事も可能ですが、仕事が出来るというレベルの使い勝手ではないですので…^^;

在宅ワークを始めたばかり、あるいはこれから始めるというような方であればストックは後々…ということでもいいと思いますが、マウスあたりであれば予備としてごく安いものをストックしておいてもそう場所を取る物でもありませんし、1つ位は余分に持っておくことをお勧めします。(付属品を予備として取っておくという程度でもいいと思いますけど。)

あ、あともしキーボードにテンキーが付いていないようであればテンキーも別途用意した方が良いと思います。
数字の入力効率が格段に良くなりますので…。



[Skype環境]
これは絶対になくてはいけない、というわけではないのですが、最近「Skypeで連絡が取れる」ということを応募条件にしている案件が増えています。
Skypeは導入自体も無料だし、維持費もかかるわけではないですから、可能であれば導入を検討した方がいいです。

ちなみにPC版で通話をする場合にはヘッドセットなどが必要ですが、スマホを持っている人であればアプリでOK。
仕事用にIDを新規で作るなど工夫すればプライベートとも分けられます。





あー、ホントはPC以外のこともあげるつもりで書き始めたのですが、PC部分が思ったより長くなってしまったのと今日はこれ以上書く時間がなくなってしまったのでここで1度区切ります。

続きはいずれまた…


↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

会社員の副業在宅ワークを成功させるポイント

会社員の方でも在宅ワークをしたいと考える方も多いと思います。

ところが実は会社員の方が在宅ワークをするのは主婦がするよりずっとハードルが高いのです。


【会社員の在宅ワークが難しい理由】

●平日昼間に連絡が取りにくい

在宅ワーカーを募集している企業(人)も大半が平日昼間に仕事をしています。
なので業務連絡も当然その時間がコアタイムとなることが多いわけで、平日昼間に連絡が取れる人と取れない人が同時に応募した場合は前者が優先されやすいです。
在宅ワークは空き時間に出来るとは言え、やはりいつでも連絡が取れる方が雇う側も何かと便利で心証が良いのです。

●得られる金額の小ささにモチベーションが下がる
初心者の場合、同じ時間仕事をしても在宅ワークの方が得られる金額が少ない場合がほとんどです。
例えば月収30万の人の時給は
1日8h×22日出勤=176時間勤務なので時給換算で約1704円となります。
会社で1時間残業したら時間外手当などもつくでしょうから2千円を越えるはず。
もちろん社会保険など天引きされる分もありますし、通勤時間などのロスタイムも考えるとこの額面通り受け取れるものではありませんが、それでもやはりものすごく頑張っても時給2〜300円、下手したら100円にも満たないことがあるなどという世界の在宅ワークはモチベーションが下がってしまうことが多いです。

※長い目で見れば時給1000円を越えることも可能ですが、在宅での実績がないといくら本業で実績があっても採用率が低くなりがちです。ですので最初のうちは安い案件も実績作りの為にやらなくてはいけない場面が多々あるのです。


●繁忙期がダブる
会社員の人が在宅ワークで採用してもらう為にはやはり主婦には負けない武器…つまり経験をウリにするのが重要です。
スキル・経験があるのであれば多少連絡が取りにくくても採用される可能性が残されています。
しかし、本業でも副業でも同じ職種を選ぶということは繁忙期がダブる可能性も高くなるということ。
例えば経理の人は月末・月初に仕事が集中しがちですから、会社で残業しているのに家に帰っても在宅ワークをしなくてはいけない、という状況になりかねません。

●会社で副業が認められていない場合が多い
最近は残業代が出せないからと副業を認める会社も増えて来たようですが、それでもやはり副業不可としている会社がほとんどだと思います。
そうするとバレずにできる年間所得20万円までしか副業で稼ぐ事ができません。
副業分の住民税を普通徴収(天引きではなく自分で支払う)にすれば理論上はバレないのですが、市町村によっては会社に確認が入ったりするようですので、安心の為には20万以下に抑えた働き方にする方をおすすめします。
そうすると月に換算すると1〜2万程度。理想の月収より少なくする必要性にこれまたモチベーションが下がる人も多いです。




会社員が在宅ワークを成功させるポイントとはズバリ、上記の難しい点をきちんと理解すること。


「在宅ワークでは本業より少ない金額しか稼げないものだ」としっかり理解して始めるのとそうでないのとではモチベーションが全く違ってきます。
また応募の際にも「平日昼間は働いていますが、メールチェックは常にできます」「会社で○○をしているのでこの知識を活かせると思います」など、会社員である不利さをいかに克服できるようアピールするかが重要な鍵となります。

注:上記の「平日昼間にメールチェックができる」というのは一つの例ではありますが、これは裏返すと本業中に違う事をして仕事をサボりますと言っているのに等しいので、言い回しにはよくよく気をつける必要があります。


なおアフィリエイトやFXといった形で副業をするのも一つの手ではありますが、確実性を求めるのであればあまりおすすめできません。
アフィリエイトをするにはWebの勉強をかなりしっかりしなければならず、また記事の更新などかなりまめにしていかなくてはいけないので完全放置で収入を得られるような簡単なものではありません。
FXも為替の勉強が必要で、儲けるどころか大損する危険性もある諸刃の剣です。1万円程度で遊んでいるだけならいいですが、それでも借金をする危険性をしっかり理解しないと危ないですよ。


会社員の方が在宅ワークをする場合には主婦より「自分のウリ」をしっかり整理し、時間のやりくりをかなりキッチリやらないと難しいです。

在宅ワークで細かいお金を追うよりその時間をスキルアップの勉強に費やして本業の給料ベースアップや転職を狙う方が結果的に高い収入になる場合もありますので、よく検討して取り組んでみてください。


それでは今日はここまで。



↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

在宅ワークを始める前にしてほしいこと

在宅ワークをしてみよう!と思っている方にまずやってほしいことがあります。



それは3つのイメージを固めること。


早速あげていきましょう。


1、将来のビジョン
簡単に言うと「いつまでやるか」ということです。

例えば…
*育休期間中のごく短期間だけ在宅ワークをしてみたい
*子供が小学校に上がったら外に働きに出るつもりなのでそれまでの数年間だけ
*病気などで外で働くのは難しいので在宅ワークだけでずっと稼げたらいいな…

などなど、それぞれが思い描く人生プランがあると思います。

もちろんやってみてから方向性が変わることも多々あるのですが、スタート地点でこれが決まっているか否かで探す職種やスキルアップ計画などが変わってきますので、ある程度は固めておく方が良いです。


是非とも『「今」在宅で収入が得られたらいいな』という漠然とした思いから1歩踏み込んでイメージをして欲しいです。



2、確保できる作業時間
1日、1週間、1ヶ月単位の作業時間をしっかりイメージしておきましょう。
「空いている時間に在宅ワークを…」などという漠然としたイメージだけでスタートするのはおすすめできません。
なぜかというと、在宅ワークの応募要項には「1日に作業可能な時間数」などを記入しなくてはいけない場合も多いですから、ただ単純に「空き時間」などとしているのではなく、しっかり数字で表す必要があるのです。
そういう項目がない場合でも「○日で○件」など納期があることがほとんどですから、そこから1日何件の仕事をこなさねばいけないのか、その為には何時間必要か、などをきちんと把握して応募しなければいけません。

初めての仕事ではその仕事にどれ位の時間がかかるのかなんて想像もできないでしょうし、そもそも子育て中など1日として同じスケジュールで動ける日はありませんからキッチリ時間を割り出すのは難しいと思います。
しかし「規則正しい生活をして子供の就寝時間を一定にする」など工夫次第である程度の時間が読めるようになりますから、最低でも自分が無理なく続けられる作業時間数だけはイメージできるようにしてみてください。


なお時間を割り出す上でのポイントは週の中で予備日を設けたり、少し少なく見積もったりすること。
予備日があれば「今日は2時間作業する予定だったのに1時間しか時間を確保できなかった…」「1時間で5件終わらせる予定だったのにやってみたら3件しかできなかった…」などという時に遅れを取り戻せます。
予備時間がない位厳しいスケジュールで仕事を受けてしまうと納期が守れず、「納期が守れない人」というレッテルを貼られかねません。
このレッテルは在宅ワーカーにとって致命傷ですから、それだけはなんとしても避けましょう。


逆にやってみてそれ以上の時間を確保できるようなら仕事を増やしていくことは簡単ですから、最初は少な目にイメージしておくことをおススメします。


それから時間を見積もる時に注意してほしいのが「細切れ時間を単純に合計しない」ということ。

例えば15分の空き時間が1日4回あれば1時間になりますが、果たしてそれは「1時間作業ができる」と言えるでしょうか?

確かに1件1件が短時間で終わる仕事もありますが、1日のうちに何度も仕事モードへ切り替えをするというのは集中して仕事をするより何倍も疲れてしまいますし、準備時間なども含めてとても効率が悪いです。

たまに細切れにしか作業出来ない日がある、程度なら構いませんが、週のなかで1日も時間単位で集中して仕事をする時間を確保できないような生活の場合はそれは「在宅ワーク」としてきちんとした「仕事」をできる状態・環境ではありません。

月に数百円〜数千円位を目標として「お小遣い稼ぎ」程度にとどめておきましょう。




3、理想の月収
これは言われるまでもなく誰もが多少は考えると思います。
しかしこれも1歩踏み込んでイメージをしてください。

仮に月収5万円が理想とします。

働ける日は平日のみで1日あたり2時間働けるとすると、

2h×5日×4週=40時間

月に40時間を在宅ワークに充てることができる人が5万円を稼ぐには時給換算で1250円以上の単価でなければいけない、ということです。

この単価、初心者がたたき出せると思いますか?


何らかの技術スキルを有している場合なら可能かもしれませんが、それでもコネや実績がなければすぐに稼ぎに繋げるのはなかなか難しいです。


ハッキリ言いますが、至って普通の主婦がいきなり時給1250円も稼ぐのは不可能です。


チャットレディとかアダルト系に行くのであれば可能性がないわけではありませんが、私が掲げる「安心・健全な在宅ワーク」という枠の中では無理です。

ではどうすればいいかというと、実現可能な理想月収にイメージを修正するのです。

理想月収を5→3万円に修正すると、時給換算750円、ということになります。

この位の金額でしたら初心者でも実現できる可能性がぐっと高くなります。

もちろんいきなり時給750円で稼げるということはないのですが、早い人では数ヶ月でクリアできる程度に現実味のある金額です。

頑張っても理想よりはるかに少ない金額しか稼げない状況が続くと在宅ワークに対するモチベーションが下がりますから、そういう意味でもきちんと自分の働ける時間やスキル、扶養面等の条件などを考慮した根拠ある理想月収をイメージしてください。


※1日の作業時間を増やす形で目標金額を変えない、という方法もありますが、時間を増やすことの方がはるかにハードルが高いので、まずは目標金額の方を下げることをおすすめします。
低い金額の目標を安定して達成できるようになったら上方修正することができますし、その方がモチベーションも保ちやすいですよ。



3つ共右も左もわからない状態ではイメージをすること自体が難しいかもしれませんが、この3点をイメージ出来るか否かでその後の方向性が全く変わってきます。

ちなみに私はまーーーったくイメージしないまま始めてしまって、最初の2年位は迷走迷走(笑)

まあその分色々な仕事をこなして経験としては蓄積されていますが、こういうことをきちんとイメージできていたらもう少し早く収入を安定させられただろうなーと思っているので今回こうして記事にまとめてみました。


「色々なことを経験する」あるいは「とにかくやってみる」という事もとっても重要ですが、それにしてもあまりに漠然としたままでは手がつけられませんから、ぜひ上記の3点をイメージをしてみてください☆




↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

★在宅ワークの報酬額

2017年在宅ワーク収入合計
¥1,034,884円

2016年在宅ワーク収入合計
¥1,077,870円

2015年在宅ワーク収入合計
¥1,183,098円

2014年在宅ワーク収入合計
¥1,137,050円

2013年在宅ワーク収入合計
¥1,023,760円

2012年在宅ワーク収入合計
¥645,180円
※産休2ヶ月を除いた10ヶ月分の収入

2011年在宅ワーク収入合計
¥331,050円

※上記は「労働」のみで得た収入額です。(ポイントサイト等からの収入は除外しています)

【在宅ワーク内訳】
A社
アクセス解析補助(300円/1件)
Web系制作(2,000円/1ページ)
商品登録作業、DTPデータ作成 他
(案件ごとに協議の上金額決定)

H社
商品登録作業(700円〜/1件)
バナー制作(800円〜/1件)他

D社
画像作成(500円〜/1件)

その他にも単発ものなど多数の仕事をしています
*********************************************
上記の在宅ワークは全て
↓こちら↓でみつけました!
無料で在宅の求人情報をお届け!
@SOHO

@SOHOについての詳細記事は こちら
*********************************************

★おうちでお仕事

@SOHO
在宅、SOHO、求人
在宅仕事を探すのに一番お世話になっているサイトです。 求人の更新は毎日あるし、きちんとした会社の募集も数多くあります。(怪しい会社もありますので注意して応募しましょう。) もちろん利用は無料!(詳細記事)


Shinobiライティング
お手軽ライティング業務が出来るサイトです。


Lancers
Lancers.jp
コンペサイト①
デザイン関係の在宅仕事を探している方は是非!!デザインなんてできない…という方も応募できる「ネーミング」などのコンペもあります。決済はサイトを通して行われるので未払いの心配もナシ!(詳細記事)


クラウドワークス クラウドワークス
コンペサイト②
初心者OKの簡単な案件の他、時給制案件も多数あります。

★その他副収入

minne

ハンドメイド作品を販売できるサイト。ネットショップやオークションより手軽ですので、PCワークより創作系の仕事がしたい方におすすめです。


ココナラ

品物ではなく「スキル」をワンコインで売買できるサイト


【タイムチケット】
こちらもスキル販売サイトですが、こちらは「空き時間」を販売できるサイトです。

★買い物でポイントGET



全記事表示リンク
月別アーカイブ
★カテゴリー


※記事数の表示されている( )部分をクリックするとツリーが展開します。

★ポイント貯め中サイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
1P=1円換算が嬉しい超有名サイト。300円から出金OKです!ポイントGETできる広告の多さは郡を抜いています。ネットショッピングはもちろん、ヤフオクの落札から楽天デリバリー、ふるさと納税まであらゆるものでポイントが貯められる嬉しいサイト♪もちろん無料で貯められる広告も多数アリ!

2017年5月20日時点での累計ポイントは¥64,860

このブログからハピタスを始めた人は累計 23人です♪

★ランキング参加中

[ジャンルランキング]
ビジネス
945位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
192位
アクセスランキングを見る>>




SOHO・在宅ワーク
ブログランキングへ


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

★FC2カウンター

★おすすめ

ムームードメイン
独自ドメイン取得を簡単・安価に! ロリポップ! とセットで使うのがおすすめです。

ロリポップ!
私が使っているレンタルサーバーです。ムームードメインと連携しているので初心者でも独自ドメインのHPが簡単に作れちゃいます。

★ブロとも申請フォーム
★プロフィール

おっこん

Author:おっこん
自宅でDTPの仕事をしています。
子供を抱えていてもできる在宅ワークという働き方をたくさんの人に知ってもらいたいと思いながらブログを書いています。

メールフォーム

お問い合わせ、質問等は

こちらのメールフォーム

からお願いします。

★最新コメント
★リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。