FC2ブログ

子育て中でも自宅で稼ぐ!安心・健全在宅ワークで月5万円の副収入

健全な在宅ワークのみで年間100万円以上稼ぐ主婦が様々な自宅で稼ぐ術を紹介します

FusionでWindows10アップグレードと旧環境保存の両取りしてみた

パソコン関係の話題連投ですみません。

ついに残すところ10日となったWindows10への無償アップグレード期間。

先日のスティックPCの話題の時にWindows10へはアップグレードしなくていいかな?というような趣旨のことを書きましたが、色々と調べた結果、アップグレードを行うことにしました。


理由などについて述べる前に、まずは私の環境のおさらいから。


Mac mini :OS 10.10 ← こちらがホストです。

ここに仮想化ソフトの VMware Fusion 7 を入れ、Windows 7 をゲストOSとして導入しています。

今回はこの仮想環境上のWindows 7 を 10 にアップグレードした、というお話です。



まず私がアップグレードをずっとためらっていた最大の理由はお仕事で使用している数々のソフトの互換性が不透明であったから。
特に現在は長期案件に取り組んでいる最中なので、その作業途中で環境を変えたくないという思いがとても強くありました。

しかし、Windows10への無償アップグレードを行った後、1ヶ月間は元のOSに戻すことが可能であること、そして1度でもアップグレードを行っていれば後々も無料でアップグレードすることが可能であるという2点の情報から、とりあえず1度はアップグレードしておくべきだろうという判断に至ったのです。


そして更に、色々調べた結果、仮想環境なら旧OS(Windows7)の環境をそっくり残したままの状態で別途Windows10環境を作れるんじゃ…??ということに思い至りました。


以下、私がやった色々なことの手順。


1、Windows7の状態(Windows update)を最新にした上でディスククリーンアップをかける
   その他、いらないデータ消したり可能な限りの軽量化を図ります。
   → その後シャットダウン。


2、今度はFusionの方で「仮想マシンのクリーンアップ」をかける
   Fusion自体は起動させたまま、仮想マシンのライブラリ上でパワーオフ状態の対象OSを選択し、Fusionのメニューバーから「仮想マシン」→「設定」→「一般」で出てくる。(黄色く「再利用可能」となっている領域が解放されるので、かなりサイズダウンすることも。私の場合、60GB以上あったものが30GB近くまで一気に減りました。)


3、仮想ディスクの複製を行う
   .vmwarevmの拡張子のファイルをそのまま複製します。(同じ場所に複製を行う場合は名前が混同しないよう注意します。)
   複製しただけでは仮想マシンのライブラリには表示されないので、複製した.vmwarevmファイルを直接開きます。

   この時、「この仮想マシンは移動またはコピーされた可能性があります」というようなウィンドウが出ます。
   ここで「移動しました」を選択すると前の環境がそっくりそのまま利用できます。

   「コピーしました」を選択すると、ネットワーク環境?か何かが書き換わってしまうそうで、何やらややこしいことをしなくてはいけなくなりそうだったので私はパス。…というかFusionの公式に「コピーした仮想マシンを元の仮想マシンと同時に実行する必要がない限り 移動しました(Moved It)を選択します。」とあるのでそれに従ってみました。

   起動確認さえできたらシャットダウンしてOKです。なお、この時点で新しい方の仮想ディスクの名前を変更しておくとわかりやすいと思います。


4、Windows 10 のISOファイルをダウンロード
   Macの方からMicrosoftの公式にアクセスし、ISOファイルを落としてきます。
   ※ダウンロードだけでOKです。何もDVDとかUSBとかに改めて落とす必要はありません。


5、複製したWindows7のディスク容量を増やします。
   私の場合、元のWindows7のディスク容量が60GB(これがデフォルトだった)しかなかったため、空き容量がとても少なくてアップグレードファイルを入れられそうもありませんでした。その為、このディスク容量を増やすという工程を挟みましたが、元から空き容量に余裕があるのであればこの工程は飛ばしてOKです。


6、ついでに今だけメモリ割当も増やしておきます。
   更新作業でかなりメモリ使うであろうことが予想されたので通常2GBしか当てていないところを4GBにしてアップグレードに挑みました。(効果があったのかは不明)


7、再び複製したWindows7を立ち上げます。


8、Fusionのメニューバーから「仮想マシン」→「CD/DVD」→「CD/DVD」を選択


9、コンピューターからDドライブを見ると4でダウンロードしたISOファイルが実行できるようになっているので、こちらを実行する
   私の場合、普段からMacと共有設定していたのですんなりできたのですが、共有の設定をしていない場合には共有する工程が必要になるかもしれません。


10、Windows10のアップグレードが開始します。
   重要な更新プログラムを一緒にダウンロードすることを推奨されますが、1度それを選択して行ったらアップグレードが進まなくなってしまいました。
   なので、私はまず「今は実行しない」を選択してひとまずアップグレードを終了させた後に更新をかけるという方法を取りました。

   その後は画面の指示に従っていけばすんなりアップグレード完了です。


11、「VMWare Tools」を再インストール
   画面の縦横比率が変わらないとかなんかグラフィック系?に不備があるようなのですが、VMWare Toolsを再インストールすれば直ります。
   私は念のため1度アンインストールしてから再インストールしました。


これで大体の工程終わり。


無事Windows10へアップグレードできました。

色々なソフトもほぼ問題なく動いているようです。



ですが、じゃあこのまま使うか?というと少し話が違いまして、細部が慣れないと作業効率も下がるので、やっぱり当分はWindows7でいきたい。。。



はい、ここで先ほど複製を取った元の仮想ディスクの出番です。

Windows10は一度シャットダウン。


元のWindows7を立ち上げてみます。



当たり前といえば当たり前なのですが、普通に起動します!!



つまり、現時点でWindows7環境とWindows10環境の両方がある状態です。

ダウングレードとか面倒で失敗の可能性もあるらしいので、願わくばこのままの状態でいたいのですが、これ、ライセンス的にどうなんでしょうね?


何やらWindows10へアップグレードするとシリアルが変わるそうです。
なので同時に起動さえしなければOK?とも思いつつ、紐付いてはいるんだからNG?

1ヶ月位したらライセンス認証画面とか出そうな気がしなくもないですが、そこら辺は後日もうちょっとしっかり調べてみたいと思います。



あ、ついでに言うと、このOS両取り作戦、当然ながらディスク容量めっちゃ喰います。

そりゃそうですよね。普通にパソコン2つ分ですから。


昨年Mac miniを買い換えて1TBも容量があるからこそできる力技的な部分も多分にあるので、両取りを考えている方は十分な空き容量を確保して挑戦してみてください。


それでは今日はここまで。


↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

スポンサーサイト



テーマ:Windows - ジャンル:コンピュータ

スティックPCを試してみた

またまた随分ご無沙汰してしまいすみません^^;

6月は最終的に過去最高月収を記録した昨年11月とほぼ同等の収入となり、無事に乗り切れたことが奇跡のような1ヶ月でした。

余波が7月頭までありましたが、それもようやくひと段落。


やっと落ち着いて仕事以外の家のこととかをやる時間が取れました。



で、今日は久しぶりにパソコン関係のお話。

お題はズバリ「スティックPC」です。

スティックPCとは超小型のパソコンでして、ちょっと大きなUSBメモリ位な大きさしかない大変携帯性に優れた商品です。

もちろんスペックは低いのですが、サブ機としてや出張などで移動する、といった使い方をしたい場合には十分。
他にもテレビにつないでyoutubeなどの動画を大画面で見たい、といったニーズでも利用されています。(動画を見たいだけならもっと安価にできる方法があるのでそれだけの目的だと微妙かもしれません。)


実は私、これかなり前から試してみたかったんです。


スティックPCの一番の魅力の一つにコスパがあります。

前記したように確かにスペックは低いです。メモリも2GBしか積んでないし、ストレージも32GBだけ。
ハイスペックのスマホ以下なんです。

しかし、OSまで入って1万円前後という価格を考えればかなりコスパは良いかと。


Diginnos Stick DG-STK3(スティック型パソコン Windows 10)

新品価格
¥9,980から
(2016/7/10 11:38時点)





で、ずっと試したいな、と思っていたところ、先月実家のPCが一部不調になりまして、間に合わせの代用品としてスティックPCに白羽の矢を立てたワケです。

元々実家の利用用途はかなりライトユーザーな部類だったこともあり、気に入ればそのまま使ってもらうもよし、用済みになったら私のサブPCにしても良しだな、という判断の元、私が購入して初期設定などを済ませた状態のものを貸してあげることにしました。


で、先日ようやく初期設定を済ませたのですが、個人的にはアリという印象です。


手軽だし安いし、サブ機としてはこれで十分!
私の場合はメインはMacだし、サブとして仮想環境でWindows7も同時起動できるようにしてあるので3番手としての位置付けなので余計にこれで全然OK!

仮想環境のWindows7を10にアップグレードするかどうか悩んでいたけど、スティックPCという第3のポジションが加わるなら仮想環境はこのまま7でいこうかなと思っています。(単純にアップグレード作業が面倒だとかもあるし、仮想化ソフトのバージョン互換性とかもあって結論を先延ばしにし続けてたんですよね。)


ただやはりスティックPCはパソコン関係に疎すぎる方には向かないと思います。

そもそもUSB端子が1つしかないのでハブなどの周辺機器を整えることからスタートしなければいけませんし、ストレージもとても少ないので外部メディアやクラウドサービスを活用せざるを得ないのですが、設定や運用方法などを理解できてないと厳しいと思うので…。


そして更にWindows XPから7への移行は比較的スムーズでしたが、10へ移行の方がややハードルが高め。
8よりはまだ従来のスタートメニューに近い部分はありますが、アプリのこととか含めて結構変更点あるんですよね。



総合評価としては「メイン機にするにはライトユーザーでなければ厳しいが、ライトユーザーには設定・運用面のハードルが高い為、やっぱりある程度知識がある人のサブ機として運用するのがベターな品かな」というところでしょうか。



今日のところは1日触っただけでの感想なので、もう少しいじってみて新たな感想・発見があればまたご報告しますね。

それではまた。



↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

データの保存・運用方法を考える

皆さんはデータの保存はどのようにされていますか?

パソコンに入れてあるだけ…
なんて言う方も多いと思いますが、これはあまりおすすめできません。


おすすめできない理由の筆頭はパソコン本体の破損リスク。

どんなに大切に使っていても壊れる時は壊れます。

落としてしまったり飲み物をこぼしてしまったりという物理的な破損はもちろん、ずっと使っていればHDDなどの内部機構も消耗してきます。


調子が悪いな?と思いながらもそのまま使っているような場合もあれば、ある日突然動かなくなるという恐ろしい事態が発生する可能性もあるのです。

そんな時に慌てないために、まずは定期的なバックアップ環境を整えるのが第一。

バックアップは必ず外付けHDDなど、本体とは別の環境にするのが鉄則です。


でもこれも完璧ではありません。


例えば火事や地震などが起こった場合。
パソコン本体とバックアップの外付けHDDどちらか一つでも持ち出せればいいですが、有事の際は自分の身を守るだけで精一杯でしょうし、通帳など他にも持ち出さなくてはいけない貴重品が多数ある中でパソコンを持って行こうと思えるかどうか…
(私は多分可能な限り持ち出そうとすると思うけどwww)

また、外出中など自宅から離れている時にそういった事態になったらそもそも何もできないですし、他にも空き巣被害なども考えられます。

そこで私は普段のバックアップは据え置きのHDDでとっていますが、本当の本当に絶対になくなっては困る最低限のデータはクラウドにもあげています。


例えば仕事で使っているIllustratorのテンプレートデータや請求書など決算に必要なデータ。
それからプライベートでは子供達の写真。


クラウドなら自宅が火事になろうがPCを盗まれようが違う端末からログインすればデータが復活します。


東日本大震災の時にお子さんを亡くし、写真すらないと泣いておられた方がテレビに出ているのを見たことがあり、それ以降特に意識してよく撮れたり思い出に残る子供の画像はクラウドにあげるようにしているのです。



とは言え、クラウドにはクラウドのデメリットもあります。

まずは容量が不足しがちだと言うこと。
パソコンはどんどんHDDの容量が増え、1TB以上の容量のものも一般的になってきました。
しかし無料で使えるクラウドサービスでは5〜15GBが上限のものがほとんど。

これでは膨大な子供達の写真を全て保存するのは到底無理です。
実際、我が家の画像と動画データをまとめて入れてあるフォルダは現時点で60GB位あります^^;
撮ったら撮りっぱなしで厳選してないので減らせば半分以下にはなると思いますが、それでも動画などを含めてしまうと15GBでは心もとない。。。

Googleドライブ(Googleフォト)を使えばデータ容量を制限した状態で保存でき、実質無制限で画像を保存できるのですが、私、実はあまりGoogleを信用していないんですよね。

いや、もちろん便利だし使ってはいるんですが、セキュリティ面とか規約が危うい感じだったりして安心してお任せできる状態とは言い難いと思います。
画像が他の人に見られる程度ならまだいいです(子供達の成長記録ばかりだし、特に見られて困るものはないから。強いて言うなら、パックしてる不気味な自分の写真とかは恥と言えば恥かも??)が、決算関係の書類とか個人情報がわかるものは怖いです。


そこでどうにかクラウドのデータを安全に保存できないかな、と思っていたところ、ぴったりな商品を発見!

それがこちらのUSB GuardKeyです。



パソコン本体にデータを残した状態、USBにデータを移した状態、そしてクラウドの3種で利用可能で、暗号化した上にファイルが非表示になる為、このUSBないしはアプリを使用しない状態ではそのファイルの存在自体がわからなくなる!という代物。

これはデータの保護はもちろん、機密データの受け渡しなどにも活用できますね。

USBの容量も7.5GBあるので、動画など重いデータを扱わない限りはそこそこ対応可能かと。


強いて不安材料をあげるとすれば「上海問屋(ドスパラ)製品であること」でしょうか。


上海問屋(ドスパラ)自体は普段から利用しており、私自身は今まで特に何か問題があったことはありません。
ただやはり大手のPCメーカーとはサポートなどの体制が違う…というかそもそもある程度詳しい人向けな商品開発/商売を主としている会社なので初心者がわけもわからず使うにはハードルが高い場合が多いのです。

使い方を見る限りこのUSB GuardKeyの操作は簡単そうですが、初心者の方はそもそも英語のインストール/管理画面に大変苦手意識があることがほとんどなんですよね^^;


私自身は明日からの楽天スーパーセールで即購入してしまおうかと思ってる程の商品なのですが、果たして初心者の皆さんに受け入れてもらえるでしょうか??


こちらの商品を購入するかどうかはともかく、いくらパソコンにセキュリティソフトを入れていてもクラウド上はまた別の話になってしまうので、クラウドでのデータ運用は便利さとリスクが表裏一体なことは理解されておいた方がよいですよ〜



↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:SOHO・在宅ワーク - ジャンル:ビジネス

仮想化ソフトにApple Super Driveを使わずWindowsがインストールできた件

今日はパソコンのお話。
初心者在宅ワーカーさん向けの記事ではないのですが覚書兼他にも困っている人がいるかもしれないと思って記します。



2月某日、新しいMac miniを購入しました。

現行品(2014)を購入したのですが、今まで使っていた2011年製のものと色々変わった部分が多く、周辺機器から全て見直す必要がありました。


1番悩んだのはDVDドライブ

今までFireWire接続のドライブを使用していたので、それが使えなくなってしまったのです。
(2014からFireWireではなくThunderboltが搭載された)

FireWireとThunderboltの変換アダプタケーブルが売ってるのは知っていたのですが、そもそもFireWire400→800への変換アダプタを介して使用していたので400→800→Thunderboltというのはどうかと思いまして。

検索したらドライブではありませんでしたが一応そのつなぎ方でできたという情報もありました。しかし安定しないという情報と半々だったので、そんな不確定な状態のものに数千円かけるのがばからしいな、と…

というか、ほぼ同額で新品のUSB接続ドライブが買えるんですよ。

だったら新品にしよう!と思いますよね。


特に今回から全ポートUSB3.0対応になりました。
理論値ではUSB3.0とFireWire800を比較するとUSB3.0の方が早いんです。

そして普及率という点からしてもUSB3.0の圧勝。

今はまだUSB2.0が主流ですが、今後発売されるものの多くはどんどん3.0対応へと切り替わってゆくはずですし、FireWireの古いドライブにこだわる必要性はほとんどないですから、すっぱりあきらめて買い直す方向で考えることにした次第です。


で、ではどの機種を選ぼうか???

という段になって1つ不安要素が出てきました。



私はBoot Campではなく仮想化ソフト(VMwere Fusion)上にWindowsを入れて使っているのですが、Apple純正品(Apple Super Drive)以外の外付けDVDドライブからWindowsのインストールができない(ドライブを認識しない)という情報を見つけてしまったのです。

なので仮想化ソフトを利用する場合はApple純正の光学ドライブじゃないとダメ…という話で、とても悩みました。


だってApple純正のDVDドライブ高いんですもん。


実にUSB接続の安いポータブルドライブが2つ買えてしまう値段!!


うーん困った。



しかし純正でないドライブでもBoot Campにならインストールができる、という情報もあり、最悪Boot CampにさえWindowsが入っていればどうにか今までのお仕事を続けられるな、という思いから非純正のドライブを購入することにしました。

あとは仮想化ソフトにはBoot Campに入っているWindowsをインポートする機能もあるので、手間はかかるけどそういう手順を踏めばできるんじゃないか?という思いもありました。



で、先に結論を言いますが、


非純正ドライブで仮想環境(VMwere Fusion)にWindowsのインストールができました


私が買ったのはこちら↓の機種ですが、これでOKでした。

Logitec ポータブル DVDドライブ USB3.0 軽量300g ArcSoft TotalMedia Backup&Record付属 【Surface Pro 対応】 ブラック LDR-PMG8U3LBK

新品価格
¥4,300から
(2015/3/17 10:42時点)





インストール方法の選択→ディスクまたはイメージからインストール
で普通に非純正ドライブに入れたWindowsのインストールディスク読み込めます。



まったく誰だよ!純正じゃないとインストールができないなんて言った人は!!
ホントに人騒がせな情報を上げてくれたもんです!



ただ私が試したのはFusionだけです。
もしかしたらParallelsだとダメなのかもね。(※Parallelsには公式に純正でないと認識しないと記載があるらしい。)



ちなみに私はもうずーーーっとFusionなので、ちょっとだけParallelsも試してみようとチャレンジしましたが使い勝手が違って使いにくいと感じました。


Parallelsの方が価格が安かったり(Amazonで安く買える。定価だとParallelsの方が高い)日本語への対応面だったりで最近は評価がどんどん流れている気がします(というか実際シェア率は逆転した)が、私はもうしばらくFusionでいきます。

価格差があるとは言っても千円位だし、どっちみち全額経費で落ちるしね。


というか先述したように、Parallelsを入れるためにはApple純正ドライブを購入する必要があるのだとすると圧倒的にそちらの方がコストがかかることになってしまうので、ソフトの単価面だけではParallelsを選ぶメリットはなくなることになります。

価格を比較する際にはそこの部分も含めて検討すべきですよ!


注:私が買ったLDR-PMG8U3Lを利用してWindowsのisoデータが作れたので、理論上はParallelsでもApple純正ドライブを使わずにWindowsのインストールが可能なはずです。ただ本当に直接ドライブを認識しないのであれば手間と時間が余計にかかるのは確かなので、価格、時間、労力などなど、多角的に要検討だと思います。




そうそう、もう1点注意すべきポイントがありました。

FusionでUSB3.0が使えるのはWindows8以降です。

私はまだWindows7を使っているのでそこんところだけちょっと使い勝手悪いですね。

でも全く使えないわけではなく、Macを経由すれば一応使えます。


例えばUSB3.0規格の外付けHDDを接続しても直接は認識しません。しかしMacとの共有設定を利用すれば中のデータにアクセスすることもできるし、そこにデータを書き込むことも可能です。

イメージとしては電車の1両目(Win)から3両目(外付けHDD)に移動するために2両目(Mac)を通過する…みたいな?(そもそもWinがMac上にある仮想ソフトの中なので厳密に言うと語弊がありますが、まぁ大体こんな状態ですw)


あとはUSB2.0のハブなどを介して接続すれば普通に使えます。
もちろん速度は遅くなりますが、そもそもWindowsを使うのがそう高頻度ではないので私の場合は全然我慢できるレベルです。



そんなわけで周辺機器も揃い、新Mac miniへの移行作業も大分進みました。
(今も新Mac miniで記事書いてますよ〜)


まだデータが完全に移行できていないのと、Illustratorでどうやっても解消しない不具合が1つあってそこだけが不満なんですが、今週中には完全にシフトしたいと思っています。

ではでは、今日はここまで。


↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:周辺機器 - ジャンル:コンピュータ

Libre Officeにイライラ

仕事ではWindowsのofficeを使っているのですが、プライベートではいちいちWinを立ち上げるのが面倒なのでMac版のLibre Officeを使っています。

無料で使えてまあ機能的には問題がないので長らく使っているのですが、先日バージョンをアップデートしたらあちこち不具合だらけですっごいイライラ…


まずはフォント名が全て英数に変わってしまっていて、既存ファイルのフォントが今まで通りに表示されなくなってしまいました。
例えば「ヒラギノ」が「Hiragino」になっているため、今まで「ヒラギノ」フォントを使っていた所がエラーになって初期設定のフォントに置き換わって表示されてしまうのです。

じゃあ「Hiragino」に変更してそのまま使うかと試していたら「Hiragino」がなかなか選択できないorz

カーソルを正しく合わせても全然違うところに飛んでしまって、10回トライしてようやく選択できる位難しい作業に成り下がっていました。

こんなのいちいちやってられるかーーー!!!ヽ(`Д´#)ノ


それからものすごい頻度でLibre Office自体が落ちる。

「たまに落ちる事もある」程度ならまだ我慢しますが、これは我慢出来るレベルじゃない。




と、いうわけで早々に利用を諦めました。




タイムマシンから古いバージョンを引っ張って来てバージョンダウン決行。


タイムマシンってホント便利です♪


今まで何度かバージョンアップしてきましたが、ここまで不具合いっぱいなバージョンってなかった気がします。

「安定版」として配付されていたバージョンだっただけに余計残念です。

OSをMavericksに上げたらまた違った結果になるのかなー??なんて思わなくもないのですが、なかなか時間が取れなくてOSの切替ができないんですよね。


仕事で利用していると取引先との互換性とかもあって気軽に環境を変えることができません。

すごく暇な時に本腰据えてバックアップとかしっかり対策してから取りかからないといけないので…


今月は仕事自体はあまりなくて時間を取ろうと思えば取れるのですが、プライベートの方が少し忙しかったんです。

それより先に考えなくてはいけないこと、やらなくてはいけないことがいっぱいあるので、やっぱりバージョンアップ関係はもうちょっと先送り事項だなー、と。

ただ秋にはそのまた次のOSも出てしまうようですので、のんびり構えてもいられませんけどね。


あー、やることいっぱい!時間が欲しい〜><




↓1個でもぽちっとして下さると励みになります!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us ニフティクリップ Buzzurl

テーマ:トラブル - ジャンル:コンピュータ

★在宅ワークの報酬額

2017年在宅ワーク収入合計
¥1,034,884円

2016年在宅ワーク収入合計
¥1,077,870円

2015年在宅ワーク収入合計
¥1,183,098円

2014年在宅ワーク収入合計
¥1,137,050円

2013年在宅ワーク収入合計
¥1,023,760円

2012年在宅ワーク収入合計
¥645,180円
※産休2ヶ月を除いた10ヶ月分の収入

2011年在宅ワーク収入合計
¥331,050円

※上記は「労働」のみで得た収入額です。(ポイントサイト等からの収入は除外しています)

【在宅ワーク内訳】
A社
アクセス解析補助(300円/1件)
Web系制作(2,000円/1ページ)
商品登録作業、DTPデータ作成 他
(案件ごとに協議の上金額決定)

H社
商品登録作業(700円〜/1件)
バナー制作(800円〜/1件)他

D社
画像作成(500円〜/1件)

その他にも単発ものなど多数の仕事をしています
*********************************************
上記の在宅ワークは全て
↓こちら↓でみつけました!
無料で在宅の求人情報をお届け!
@SOHO

@SOHOについての詳細記事は こちら
*********************************************

★おうちでお仕事

@SOHO
在宅、SOHO、求人
在宅仕事を探すのに一番お世話になっているサイトです。 求人の更新は毎日あるし、きちんとした会社の募集も数多くあります。(怪しい会社もありますので注意して応募しましょう。) もちろん利用は無料!(詳細記事)


Shinobiライティング
お手軽ライティング業務が出来るサイトです。


Lancers
Lancers.jp
コンペサイト①
デザイン関係の在宅仕事を探している方は是非!!デザインなんてできない…という方も応募できる「ネーミング」などのコンペもあります。決済はサイトを通して行われるので未払いの心配もナシ!(詳細記事)


クラウドワークス クラウドワークス
コンペサイト②
初心者OKの簡単な案件の他、時給制案件も多数あります。

★その他副収入

minne

ハンドメイド作品を販売できるサイト。ネットショップやオークションより手軽ですので、PCワークより創作系の仕事がしたい方におすすめです。


ココナラ

品物ではなく「スキル」をワンコインで売買できるサイト


【タイムチケット】
こちらもスキル販売サイトですが、こちらは「空き時間」を販売できるサイトです。

★買い物でポイントGET



全記事表示リンク
月別アーカイブ
★カテゴリー


※記事数の表示されている( )部分をクリックするとツリーが展開します。

★ポイント貯め中サイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
1P=1円換算が嬉しい超有名サイト。300円から出金OKです!ポイントGETできる広告の多さは郡を抜いています。ネットショッピングはもちろん、ヤフオクの落札から楽天デリバリー、ふるさと納税まであらゆるものでポイントが貯められる嬉しいサイト♪もちろん無料で貯められる広告も多数アリ!

2017年5月20日時点での累計ポイントは¥64,860

このブログからハピタスを始めた人は累計 23人です♪

★ランキング参加中

[ジャンルランキング]
ビジネス
891位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
SOHO・在宅ワーク
166位
アクセスランキングを見る>>




SOHO・在宅ワーク
ブログランキングへ


にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ
にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
にほんブログ村

★FC2カウンター

★おすすめ

ムームードメイン
独自ドメイン取得を簡単・安価に! ロリポップ! とセットで使うのがおすすめです。

ロリポップ!
私が使っているレンタルサーバーです。ムームードメインと連携しているので初心者でも独自ドメインのHPが簡単に作れちゃいます。

★ブロとも申請フォーム
★プロフィール

おっこん

Author:おっこん
自宅でDTPの仕事をしています。
子供を抱えていてもできる在宅ワークという働き方をたくさんの人に知ってもらいたいと思いながらブログを書いています。

メールフォーム

お問い合わせ、質問等は

こちらのメールフォーム

からお願いします。

★最新コメント
★リンク